山梨の土地・一戸建て・マンション情報満載!|ミスターデイク|

  • 会社概要
  • 会員ログイン
  • 新規会員登録
  • お問い合わせ

山梨の不動産情報サイト

運営会社Mr.Deiku
フリーダイヤル:0120-202-696【営業時間】9:00~18:00【定休日】水曜日
Webから来店予約

R.I.P Charlie

またまた約1か月ぶりの投稿です。
最近、千葉ちゃんこと千葉真一さん(aka ソニー千葉)や
笑福亭仁鶴さんなど著名人の訃報が続きましたが
一番びっくりというかショックだったのが
The Rolling Stones(ローリングストーンズ)の
ドラマー、チャーリーワッツさん死去のニュースでした。
僕が初めてローリングストーンズの音楽に触れたのが
1980年代前半、映画「Let's Spend Night Together」
だったと思います。
映画と言っても全米ツアーの模様を収録した
コンサートフィルムのような感じのものでした。
個人的には結構衝撃を受けた内容で(当時私は中学生)
ギターのキースとロニー、更にベースのビルワイマンは
タバコを吸いながら巨大なフットボールスタジアムで
数万人のオーディエンスの前でプレイをしている・・・
キースリチャーズにいったてはステージにぺたんと座り込んで
ウイスキーをラッパ飲みという・・・
ミックはまじめに歌いお客さんを煽ってるのですが・・・
そして子供だった私の感想は・・・
「何かこの人たちへタだなぁ~、でもすごくカッコいいなぁ~」
と、すっかり魅了されてしまいました。
中でも印象的というか変わってるなぁ~と思ったのが
チャーリーワッツのドラム。
普通はハイハットシンバルを叩きながら
スネアドラムを叩くのですが
チャーリーはスネアを叩く時にはハイハットを叩かない
というドラムの事が良くわかっていない(今も良くわかりませんが)
子供でも「何か変な叩きかただなぁ~」と思ったものです。
1990年代の中頃、ついに本物を東京ドームで拝むことに。
いままでみたコンサートの中でも1、2を争う素晴らしい内容でしたが、
1番感動したシーンがミックジャガーによる「メンバー紹介」。
まずは管楽器、コーラス、鍵盤楽器等のサポートメンバーを
紹介(Saxボビーキーズの紹介はさすがの盛り上がり)。
それからストーンズメンバー紹介ですが
始めがチャーリーです。
ココで予期せぬ出来事が・・・
ミックが「チャ~リ~ゥゥゥワッツ!」と言ったとたん
その日一番の盛り上がりに!歓声が止まりません。
その場にいる皆がスタンディングオベーションです。
ミック、キース、ロニーと違いロックスターっぽくない
チャーリーがドラム椅子から立ち上がり恥ずかしそうに手を振ります。
しかしまだまだ歓声はやみません。
もう一度立ち上がり手を振ります。
そして次のロニーウッドの紹介に移ります・・・
観客は勿論、メンバーやスタッフも
長年ストーンズの屋台骨を支えてきた彼を讃える
本当に感動的なシーンでした。
そのツアーあたりからこういったシーンは所謂「お約束」
になり最新ツアーまで続きました(もう二度と見れませんが)。

チャーリーが亡くなったニュースを聞いた夜。
「ストーンでも聞きながら酒でものむか・・・」というわけで
「レコードやCDよりも映像がいいなぁ~」と思ったのですが
残念ながら(現在アパート暮らし)でDVDソフトなど実家に
置きっぱなしで持ってきていません。
あとどうせなら爆音で(ロックンロールですから!)でとも考えますが
残念ながら先に申しましたようにアパート暮らしでそうもいきません。
(そのうち最近流行りの爆音上映会がどこかの劇場で開かれるでしょう)

さて・・・そんな私と同じような環境で
「一戸建だったらなぁ~」とお考えでしたら
ぜひ“ミスターデイク”にご相談下さい。
“お家づくり”に関する事でしたら
何でもお気軽にどうぞ!
お待ちしております。

ファイル 268-1.png

お問い合わせ

  • お気軽にお問い合わせください!フリーダイヤル:0120-202-696
  • メールでのお問い合わせ

ミスターデイク

山梨県甲府市国母7-5-9 TEL:055-267-9010 FAX:055-283-8360
【営業時間】9:00~18:00 【定休日】水曜日
【免許番号】山梨県知事(3)第2247号

サイドメニュー